2008年11月08日

医療人は・・・。

医療人がお金のことを話するのは、なんだかいやしいという感じがしていました。

医療とお金は、高貴なものとそうでないもの・・みたいなイメージでしょうか。
(私の思いこみかもしれませんが)


患者さんに対して、どれだけ尽くすことができるか、どれだけ、有意義な薬の情報を伝えることができるか、どうやって患者さんを薬を通してケアしていこうか・・。というような教育をされてきた。

けれど、社会に出たら違ってた。

この点数を取るには、こういう指導をし、薬歴の作成、日々の業務をこなしていかないといけない。と、点数、報酬ありきの薬剤師の業務という逆の流れが待っていた。

始めは、どうも慣れなくて「医療人なのに、お金のことを口に出すなんて・・」と思っていた。

けれど、最近は、もう大人?になったのか、サービスをした対価として報酬が発生し、売上も利益も伸ばしていかないと、次のサービスが展開できないし、上司からの評価も上がらない・・、という感覚。

もちろん、患者サービスに対して、おろそかにするということではないけれど、理想だけではダメなのね・・、と思うようになった。

アカデミックな分野の勉強もいいけれど、経営の視点も持てないと、これからの自分の発展はないのかも・・・、と思う今日この頃です。




posted by おたま at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。