2008年12月18日

顧客を持つ

患者さんからの薬剤師の指名ってありませんか?

病院や、忙しい調剤薬局では見られない光景かもしれませんが、年配の患者さんなんかは、名前を覚えていて、次回来局の際に、指名をするって言う方、いらっしゃいます。

患者さんから信頼されて、指名されるというのは、大変ありがたいことだと私は思います。

たまに、忙しかったりして、時間のやりくりに困ることがありますが・・・。

薬のことなどもよく質問して、熱心に話を聞いてくれます。
こちらも、きちんとした答えを用意し、そしてラポール形成をしないといけないと思うので、真摯な態度で受け答えします。

こういった、指名を受けるというのは、ある意味、薬剤師の患者さんとのコミュニケーション能力を客観的にみる指標の一つになるかもしれません。

忙しくて、ゆっくり対応している暇のない薬局もあると思いますが、こういった、患者さんからの声というのは、明日からの自分たちの業務にも生かしていかなければならないな。。と私は思うのです。

調剤薬局の生き残り、地域社会への貢献という意味でも、こういった患者さんからの薬剤師の指名という行為を通して、顧客満足度の向上につなげなくてはならないな。と思う今日この頃・・。

薬剤師は、薬だけをみるのではなく、顧客満足度とか、ホスピタリティを考えないといけない時代になってきているのです。

薬剤師上位の患者さんとの関係は、もう、成り立たなくなってきているのだと思います。

こういったこと、後輩への指導に生かしていってはどうでしょうか・・。

「顧客をつけるくらい、患者さんとの信頼関係を結べることを目標にしなさい」
と。
posted by おたま at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。