2008年12月27日

職場の人間関係には。

屋内仕事の薬剤師には、職場環境は、超重要。

職場の雰囲気がいいと、薬局全体もいい雰囲気になるし、仕事もしやすい。仕事がしやすいと、パフォーマンスが上がって、効率もいい。

環境がいいというのは、すごくメンタル的にプラスな要因。


けれど、人間、合う、合わないがあるというのは、避けられない事実。

そして、その人間関係のトラブルで離職する人や、メンタル的に疲れる人も多々いる。
きっと、どこでもそう。

人は、一人じゃ生きられないように、この仕事もひとりでは成り立たないもの・・・。


あくまで持論ですが、薬剤師という職種のひとは、コミュニケーションが上手ではない人が多いような気がする。
なんとなく、そう思う。

もちろん、普通に話は出来るけど、良好な関係を築いていこうと思った時に、なんだか、人間というイレギュラーな反応を示すものに対する柔軟さに欠ける人が多い印象。

すべてがそうだと言っているわけではないけど、なんとなく・・。

モノ=薬の勉強ばかりで、心の勉強は、カリキュラムにほとんど無かったからか(今は、積極的に取り入れられているみたいだけど)、人間関係でもまれたりしてこなかったからなのか。。。

多くの人と接しなければ、学べないこともあると思うが、職場の人間関係で困っている人には、一度、営業職の人が読む本をお勧めしたい。

っていうか、今読んでいるトコ。

なるほど、とためになる話満載。

人間関係に困ったとき、相手を変えることはできないけど、自分が変わるのは、自分でやることができる対策の一つ。
自分が視点を変える努力をするのも、すぐできる対策の一つ。

人間関係のトラブルにあったときには、状況を客観視して、自分の対応を考えると、少し変わってくるので、おためしあれ。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
posted by おたま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。