2009年01月22日

タミフルに耐性?

まずは、薬事日報からの引用です。

2009年01月20日
【今冬のインフルエンザ】3割強占めるAソ連型の97%がタミフル耐性

 厚生労働省は、インフルエンザ治療薬タミフルに耐性を示すインフルエンザウイルスの検出状況に関する中間報告(1月8日時点)を発表した。それによると、今シーズンのインフルエンザウイルスについて、国立感染症研究所が検査した結果、11都道府県で採取したAソ連型ウイルス(A/H1N1)35株のうち34株(97%)が、タミフル耐性だった。厚労省によると、リレンザの耐性は確認されておらず、ワクチンの効果にも影響はないとしている。

 今シーズンの流行ウイルスは、A香港型(A/H3N2)が最も多く45%を占め、Aソ連型36%、B型19%と続く。Aソ連型は2番目に多く、3分の1強を占めている。

 国内でタミフル耐性が確認されたA香港型ウイルスは、欧州を中心に作シーズンから出現している北欧系統の株。タミフル耐性ウイルスは、欧米での検出率が高く、欧米などで見つかった耐性ウイルスが日本に上陸した可能性があるという。国内でも昨シーズン、Aソ連型の流行が見られているが、タミフル耐性はわずか2・6%との調査結果が示されている。

 耐性ウイルスは、薬を多く使っている環境で発生しやすいが、欧州では通常のインフルエンザの治療にタミフルはほとんど使用されておらず、厚労省は「急増の原因は不明」としている。

 厚労省は研究班を設置し、海外での耐性株の拡大状況や、耐性ウイルス感染で患者の症状に何らかの特徴があるかなどについて、調査することを決めた。

 リレンザについては、耐性の問題は生じていないため、有効だとした。ワクチンの効果についても、現在見られている耐性化のウイルス遺伝子変異は、ワクチンの効果に影響を及ぼさないため、問題はないと推測している。

 ただ、全国で検査されたウイルス株の数が限られているため、厚労省は「今後も引き続きサーベイランスを行い、発生動向を注視したい」としている。

以上です。


まだまだ、厚生労働省は、サーベイランスを行うそうなので、今後どのような結果が出てくるのか注目です。

原因不明とのことですが、ワクチンの効果には、影響を及ぼさないとのこと・・・。
先日、東京、町田の病院での集団感染など、インフルエンザは、各地で流行しているみたいです。

耐性ウイルスが出たということで不安を抱く人も多いと思いますが、
こういったときこそ、一般人にできるのは、とにかくインフルエンザにかからない努力をすることだと思います。

日頃の手洗いうがい、栄養と休息、マスクをする。

当たり前のことですが、馬鹿に出来ません。

「もし、耐性ウイルスに罹患したらどうしよう・・・。」

という、今一生懸命考えても解がないと思われる問題に一般の人が不安を抱くよりは、着実に今できることを患者さんやその家族に伝えていくことが、現場で働く薬剤師がすぐに行動に移せることだと思います。

こういった地道な作業を怠らずにやっていきたいと思います。

日々の健康は、大事な時間もお金も有効に活用するための土台ですから・・・。






ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


posted by おたま at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。