2009年04月22日

薬剤師的?ロードバイク学

今年になってロードバイクに乗り始めた私。
そんなこんなで、ビンディングペダルでもなんとか乗ることができるようになりました。


ただ・・・、
ペダルの練習の時に作った擦り傷が、いまだに治りません・・・。

三十路の宿命か・・(涙)。



ロードバイクに関する知識も少しずつ増えてきました。

スポーツバイクについてのウンチクを雑誌などで研究していると、フレームの素材についてまず知ることになります。


カーボン、アルミ合金、クロモリ、チタン、マグネシウム・・・、なんて。
それぞれの素材でいろいろな特徴があり、価格も違ってくる。


そんなとき、化け学を勉強していた私としては、素材の名前を聞くと周期表が頭の中に出てくるわけです。

周期表のあの辺か・・、と。
周期表(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F%E8%A1%A8

よく覚えました。
語呂あわせで。それぞれの族による特徴とか、電子の配列とか、希ガスとか、そういった用語も。

そんなことがうっすらと頭の中にあるので、フレーム素材の特徴を知っていくのに役に立つ。
割とすんなり理解できるわけです。

そんなとき思います。
「化学の勉強が役に立ったわ〜。」と。


この職種就いているからこその視点かもしれません・・・。


ロードバイク関連知識が着々と増えている今日この頃です。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング
posted by おたま at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。