2009年06月01日

改正薬事法施行

薬事法が改正になり、本日6月1日から施行されました。
ニュースや新聞なんかでも取り上げられてます。

朝、「特ダネ」をみていたら、
これからは、コンビニやスーパーなどの異業種の参入により、医薬品販売の競争が激化し、唯一1類が売れる薬局などは、薬剤師がいるということで、専門性を追求していく形になっていくでしょう、というようなことを言っていた。

さらに、ドラックストアのコンビニ化が進み、スーパーや、コンビニのドラックストア化が進んでいくでしょう・・・、と。

「1類の医薬品を購入する際には、わざわざ薬剤師の説明を受けないといけないなんて、いつも購入しているものだったら、面倒だ。」

「いままで、薬剤師がいると言いながらも、ドラックストアなどでは、薬剤師じゃない人が薬売ってたようなこともあったじゃないか・・。」

なんていいうようなコメントも出たりして、興味深く見させていただいた。


こういうコメントが出るということは、薬剤師が国民の目からみてそのくらいの立場でしかないということだと思う。


そして、今回の規制緩和は、国民のライフスタイルの変化などいろいろ理由がある思うが、薬剤師の保守的な業務スタイルにもその原因は、あったのかもというのが私の見方。

24時間のコンビニで薬を購入したいという消費者、夜に急に薬が必要になった場合に困るという消費者の声、国民のライフスタイルの変化や社会の流れみたいなものを見過ごしてきた結果。



薬局や医療機関で働く多くの薬剤師が、患者さんに有意義な薬物治療を提供するにはどうしたらいいのかという永遠のテーマにとらわれすぎて、患者さん以外の多くの国民の声、意見に熱心に耳を傾けてこなかったことが原因なのでは?と思ってしまう。


医療の担い手としての専門性の発揮はもちろんだけれども、多くの国民に関係する公衆衛生の向上と増進に関しては、はたから見て熱心ではなかったように思う。

今回の規制緩和は、ただ単に薬剤師が不足しているから、だけではないのでは?



利益を守りたい薬局、ドラックストア業界。

利益拡大を狙う、スーパー、コンビニ業界。


今後、薬剤師が過剰時代に突入し、保険での報酬の引き下げなどによって利益確保が難しくなり、ますます薬剤師は、ビミョーな職種になるだろう。

薬の専門家なんていう肩書きにあぐらをかいている場合じゃないでしょう。
まして、薬事法が改正されていろいろ面倒なことが増えるとか、対面販売の強化で日常の業務に負荷がかかるなんて、思っているようでは、ますます取り残される薬剤師になってしまう。


専門性の追求し、患者さんへの貢献ももちろんだが、それだけでなく、今後どうしたら、どのようにして薬剤師が社会貢献していったらいいのか、広い視野を持ち考える時が来ているのではないかと私は思っている。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング
posted by おたま at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。