2009年06月14日

未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家

未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家という本を読んだ。

先に読んだチェンジメーカーという本と似たような感じ。

ただ、これは実際に著者たちが探して、本人たちに会いに行き、インタビューのような形式で本にまとめてある。



読書記録。

本書の内容
フランスの若者ふたりが、世界を旅して出会った社会起業家80人の仕事ぶりを紹介する。
もちろん有名なムハマド・ユヌス(マイクロクレジットの提唱者)をはじめ、偉業を成し遂げた人物ばかり。

口語体でエッセイ風書かれているので、とても読みやすい。、
フェアトレードビジネスを行っている人、環境重視の立場から洗剤を開発発売するメーカーなど、多くの起業家たちのインタビューが載っています。


本書からの気づき
社会起業というのは、単なる情熱だけではなく、戦略的に冷静に判断し持続可能なモデルで社会のさまざまな問題を解決するものだということをあらためて実感した。

そして、今までにないビジネスモデルを創造すること。この独創性がそれぞれの社会起業家に情熱とともに共通することだと思う。

こういうことを考える、そして実行に移すことが出来るのは誰にでもできることではない。

彼らは、下地がきちんとある。
今までの経験、今までの業績だったり。

自分が歩んできた道を決して無駄にはしていない。
これがだめだから、あれ、という単純な思考では為し得ない。

人としての彼らの生き方に大変感動を覚える一冊。
こういう人が増えるほど、未来は明るいものになるはず。


ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング
posted by おたま at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。