2009年07月31日

「セックス・アンド・ザ・シティ」で学ぶ

「セックス・アンド・ザ・シティ」は面白い。
ドラマから始まり、映画まで面白い。

m_c70fb4a1a3e987c711d63d118a390982.jpg
映画「セックス・アンド・ザ・シティ」公式サイトより

アラサーとかアラフォーとかその年代に受けるのは非常にうなずける。
なぜなら、リアリティをもってその年代の自分の悩み、女性としての想いを視覚化、代弁してくれているから。

ただ、このドラマの見どころは、4人の登場人物のそれぞれの個性やファッションだけでなく、自分を卑下しない女性の生き方を見せてくれるところなんじゃないかと思っている。

4人それぞれが自分の軸をブレさせないけれども、悩みや不安を抱えつつきちんと前を向いて歩いている。

痛い目にあったり、男性に翻弄されつつも自分を見失わない。
自分を見失わない背後には、しっかりとした自己肯定感がうかがえる。

自己肯定って大事だな・・・、と思い学びながら見てしまう。
そして、そんなことを感じさせてくれるドラマ。


日本の一般女性からは考えられない舞台設定、ファッション、経済的豊かさだったりするけれど、夢物語のようなドラマだからこそ自分にないものに憧れるという意味で、広く受け入れられているのかも。

女性は、夢を見ちゃう生き物なんです。
いつもキレイにお洒落していたいし、恋もしたい、結婚もしたいけれども仕事で自立をすることにも力は注ぎたい・・、欲張りなんです。

でも、いいんです。欲張りで。

という自信が持てる、自信を持つことの背中を押してくれるのが「セックス・アンド・ザ・シティ」だと思う。

あっけらかんとして、カラっとしていて見ていてスッキリする話なのが魅力。


今更ながら、ハマってます。
面白さ太鼓判!!!




ぽちっとお願いします〜。励みになります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
banner2.1.gif ビジネスブログランキング
posted by おたま at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。