2009年08月30日

トリノエジプト展

ejiputo.jpg

上野の東京都美術館へ「トリノエジプト展」を観にいった。

ヨカッタ。。。

世界史は、はっきり言って散々な成績だった高校時代。
何の興味もなくこの年まで生きてきたが、この「トリノエジプト展」を鑑賞するにあたって、少しばかり予習した。

実際にモノを見ると、頭の中の知識とリンクしやすい・・・。

何といっても、「アメン神とツタンカーメン王の像」は、感慨深かった。。。
古代の人も、いろいろ考えてたのね・・・、的な。


こんなバカっぽい感想しか文章に出来ないのは、やっぱり勉強不足の要因はぬぐえない。

あー、高校時代にもっと興味持って勉強しとけばよかった。。
付け焼き刃的な予習でも面白かったのだから、もっと知識があったらもっと面白くて感動出来たに違いない。


生意気だった学生時代、「受験科目以外の勉強なんて」と思っていたが、文化的でよりよく人生を生きるためには勉強って必要だな、と三十路になって改めて思う。


専門分野の勉強ばかりで社会的にまだまだ未熟な自分を痛感しているだけに、今回のことも教訓にして、知的好奇心のアンテナをちゃんと立てておこうと心に誓った「トリノエジプト展」

10月までやっているので、ぜひ!

トリノエジプト展オフィシャルサイト


ぽちっとお願いします〜。励みになります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
banner2.1.gif ビジネスブログランキング
posted by おたま at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。