2009年06月01日

改正薬事法施行

薬事法が改正になり、本日6月1日から施行されました。
ニュースや新聞なんかでも取り上げられてます。

朝、「特ダネ」をみていたら、
これからは、コンビニやスーパーなどの異業種の参入により、医薬品販売の競争が激化し、唯一1類が売れる薬局などは、薬剤師がいるということで、専門性を追求していく形になっていくでしょう、というようなことを言っていた。

さらに、ドラックストアのコンビニ化が進み、スーパーや、コンビニのドラックストア化が進んでいくでしょう・・・、と。

「1類の医薬品を購入する際には、わざわざ薬剤師の説明を受けないといけないなんて、いつも購入しているものだったら、面倒だ。」

「いままで、薬剤師がいると言いながらも、ドラックストアなどでは、薬剤師じゃない人が薬売ってたようなこともあったじゃないか・・。」

なんていいうようなコメントも出たりして、興味深く見させていただいた。


こういうコメントが出るということは、薬剤師が国民の目からみてそのくらいの立場でしかないということだと思う。


そして、今回の規制緩和は、国民のライフスタイルの変化などいろいろ理由がある思うが、薬剤師の保守的な業務スタイルにもその原因は、あったのかもというのが私の見方。

24時間のコンビニで薬を購入したいという消費者、夜に急に薬が必要になった場合に困るという消費者の声、国民のライフスタイルの変化や社会の流れみたいなものを見過ごしてきた結果。



薬局や医療機関で働く多くの薬剤師が、患者さんに有意義な薬物治療を提供するにはどうしたらいいのかという永遠のテーマにとらわれすぎて、患者さん以外の多くの国民の声、意見に熱心に耳を傾けてこなかったことが原因なのでは?と思ってしまう。


医療の担い手としての専門性の発揮はもちろんだけれども、多くの国民に関係する公衆衛生の向上と増進に関しては、はたから見て熱心ではなかったように思う。

今回の規制緩和は、ただ単に薬剤師が不足しているから、だけではないのでは?



利益を守りたい薬局、ドラックストア業界。

利益拡大を狙う、スーパー、コンビニ業界。


今後、薬剤師が過剰時代に突入し、保険での報酬の引き下げなどによって利益確保が難しくなり、ますます薬剤師は、ビミョーな職種になるだろう。

薬の専門家なんていう肩書きにあぐらをかいている場合じゃないでしょう。
まして、薬事法が改正されていろいろ面倒なことが増えるとか、対面販売の強化で日常の業務に負荷がかかるなんて、思っているようでは、ますます取り残される薬剤師になってしまう。


専門性の追求し、患者さんへの貢献ももちろんだが、それだけでなく、今後どうしたら、どのようにして薬剤師が社会貢献していったらいいのか、広い視野を持ち考える時が来ているのではないかと私は思っている。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング
posted by おたま at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

薬剤師の言葉

最近、新型インフルエンザのニュースが毎日のようにテレビで報道されている中、気になっていることがある。

もちろん、新型インフルエンザのことは気になるけど・・。


去年の年末あたりから、「派遣切り」の問題が出てきていたが、今は、さっぱりニュースにもなっていないような気がする。

時は流れているし、そうそうそのニュースばかりに固執?していられないのかもしれないけど、その後どうなっているのか気になるわけで・・。


薬剤師には、直接関係ない・・・、という問題なのだろうけど、世間一般的には、いわゆる未曾有の経済危機が続いていて、GDPの落ち込みはひどく、景気の回復はまだまだ・・・・、なんていうのが世間なのだと思う。


自分の身に降りかかって、肌で感じないということは、本当に視野を狭くしてしまうとつくづく思う。

私たち薬剤師に影響はあまりないと言っても、実際に薬の会計をするときに金額を気にする人は多く、それでも必要な薬だから患者さんは、支払をする。

稼いだ賃金を私たちは頂いているのに、対価として認めてもらえるサービスをしているか結構疑問になる。

特に気持ちのこもっていないと感じる
「おだいじに」
という言葉。

モノを扱うのが大半の業務かもしれないけど、実際に接しているのは人間。

薬を通じて人間と接し、人間のケアの一助になる仕事をしているのに、日々の忙しさか、特にそんなことも思っていないのか。

自分でアンテナを張らないと、ただの蛙だ。
井の中の蛙・・・。

すべての薬剤師がそうだといわけではない。

ただ、気持ちのこもって無いない言葉がどれだけ無駄で、言霊として生きていないかということを少し考えた次第です・・。

ケアなんて言葉は程遠いと私は思う。


ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング
posted by おたま at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

薬剤師って・・・。

「薬剤師って、微妙な職種ですね。」
と言われてしまった。



アハ・・・。


他の職種の人から見ても、そう思うんですね。
自分でも、そう思っていたので、あらためて言われると、ビミョーにショック。


確かに、私的には微妙な職種。


調剤報酬の事実上マイナス改定がある中で、今のままの仕事で希望のある未来がない気がするのは、私だけでしょうか?


もっと、薬剤師が活躍できる場を自分たちが見つけて、創造して、フィールドを広くしていかないと、薬剤師人口の過剰で人が余り、仕事にも行き詰ってしまうんじゃないかと・・。

そうではなく、専門知識を磨くことで生き残りかけるという薬剤師もいるが、それは好みで、私としては特に専門分野に特化することに魅力を感じない。

いま、ただただ何も考えず流れにのって普通に業務をこなしているだけの薬剤師の未来は、あまり明るいとは言えないと思う。


毎日の業務をこなすことばかりに気を取られていると、時代の流れから取り残されるかもしれない、なんて思う今日この頃です。


薬剤師って、ビミョーな職種かも。。。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング
posted by おたま at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

参考書を選ぶ

薬剤師のブログと言いながら・・・、薬学とか薬剤師の話題にちっとも触れていないこのブログ。

一応、薬剤師です。
本当ですよ・・・・。


個人的見解ですが、薬剤師で身銭をきって勉強する人って案外少ない印象があります。
専門書って、価格的に高いものが多いから、そうなのかもしれません。

かといって、メーカー協賛の勉強会だと受け身になってしまう気がします。

私は、勉強会での講義を聞くだけだと受け身になって、ただの情報収集で終わって内容を忘れることが多いので、やっぱり自分で参考書買いつつ、講義の内容とリンクさせて勉強します。

私は、あまり頭がいい方ではないし、じっくり本を読んだり考える時間が必要な人なので、時間を作るようにしてます。

勉強の方法って、人それぞれで、こうやった方がいいというのはないんですが、みんな、どうやって社会に出てから勉強してるのかな、と思いつつ・・。

今日は、薬剤師が使う参考書についてなんですけど、
みんなどういう基準で選んでいるのかな・・・。

人に聞いたことないので解りません。

続きを読む
posted by おたま at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

食材宅配のサービスから

食材宅配のトラックをウォーキングの途中でよく見かける。
私自身は、利用はしていないけど、住宅街を歩いていると、何種類かの食材宅配のトラックに遭遇する。

もう、珍しいものではなくなったのだなあ、という感覚です。

共働きの夫婦、小さい子供がいて買い物になかなか行けない家庭、高齢家族のみで、やっぱり買い物に頻繁にいくことが難しい家庭、その他いろいろな事情があって、利用するのだと思うが、このシステムは、かゆいところに手の届くシステムだな、と思う。

日頃思っている「困った」とか「わずらわしい」という感情の解決策の一つになるから。

ふと思った。続きを読む
posted by おたま at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

薬物動態を学ぶ

薬物動態が重要だと解ったのは、社会人になって、3年目でした。

著名な先生の講義を受ける機会に恵まれて、その重要性を再認識しました。
それまでは、薬物動態なんて、TDMをやってないと使わない学問だと思っていたし、自分でも学生時代、不得意な科目だったこともあり、社会に出てからは、真白になっていました。


当時、患者さんからの薬のことに対する質問にいまいち根拠を持って返答することができなかった私。

「飲み忘れてしまったらどうすればいいですか?」
「食事はしてないけど、今すぐに飲んでも大丈夫ですか?」
「今回の薬は、どのくらいで効果が出ますか?」
「血液検査の結果、薬が減ったのですが、どうしてですか?」

などなど・・・。

薬のことで、分からないことがあると、すぐ製薬メーカーに電話してました。
大抵の場合、患者さんを待たせることになり、自分自身では、どうにかならないかと思っていたところでした。

効能、効果に関しては、大抵応えられるものの、イレギュラーと思われる質問は、どうしても時間がかかっていました。


難しい計算ができなくてもいいのです。
考え方を知っているだけでも違います。
そして、薬物の特徴付けができるようになれば、患者さんからの質問に対しても、自分で考えることができるようになります。

医師からの質問にも、返答しやすくなります。
薬物動態の知識を持って、根拠のある返答が出来るようになると思います。

薬物動態、もう一度学ぶことをお勧めです!

薬物動態をあまり使っていない人、私以外にもたぶんにいるはずです・・・・。


薬局薬剤師だから、病院薬剤師だから、ということではなく、薬剤師として知らなければならない学問だから、もう一度勉強すると、いままで、業務に薬物動態の視点で薬をとらえることがなかった人は、何かが変わるはず!!

何が変わるかは、勉強してからじゃないとわからないですが。。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


posted by おたま at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

薬剤師のこれからは・・・。

調剤薬局で働く薬剤師には、
最近の調剤報酬のマイナス改定は、痛い話です。

介護系への算定点数が高めになったとはいえ、在宅訪問などをやっている薬局は、限られているし、やりたくても環境が許さない場合もあると思うし・・・。


けれど、調剤することで、算定できる点数が少なくなり、インテリジェンスフィーに重点を置かれるようになってきているのは事実。

じゃあ、薬剤師としてのアカデミックな部分での能力が十分に発揮できるかというと、そうでもないと。
スピードを求められる大型調剤薬局、反対に小さい規模の薬局でも難しい話だと思います。


そうなると、調剤報酬以外の部分からの、つまりは、OTCや介護用品、健康食品などの収益を伸ばすことも考えないといけない・・・。
というのは、一般的な考えだけれども、これがまた難しい。


というのは、薬剤師自体が「売る」ということを得意としていないから。ノウハウも知らないし。

利益、収益ということを今まで他人ごとのように管理者、経営者以外はあまり考えてこなかったのではないでしょうか?

私はそうでした。利益よりも患者さんに貢献できることが大事なのではないかとずーっと思ってきました。

薬剤師として薬物治療を通じて患者貢献することは、もちろんなのだけれど、患者さんによりよいサービスをしようと思ったら、次のサービスに繋がる利益も確保しなければならないということに、薬剤師3年生くらいから、気が付いてきました。

少しずつ・・・。

今は、
「薬学やその周辺の知識を深めただけでは、これからは生き残れない。薬剤師としても成長できない。」
というのが、私の考え。

だから、経営者としての、管理をするものとしての視点を持てるようにといろいろ自分なりに勉強してきたつもりです。

病院薬剤師は、専門を問われる時代になってきたのかもしれないけれど、私は、一般薬剤師でいい。

幅広くモノを見られる薬剤師でいたい。


アカデミックな視点は、当たり前。
職能を十分に発揮できるように環境を整える、管理をする視点に磨きをかける。
経営をし、利益を出すという視点も養う。

そして、患者本位の視点は絶対忘れない。

この4つの視点を忘れず、私は薬剤師を続けていこうと心に決めてます。

これから、調剤薬局以外の場所で薬剤師を続けていく時も、私はこの視点を常に念頭においていきたいと思います。



ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


posted by おたま at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

漢字の読み

漢字の読みができないと、現在の首相は、マスコミネタになっている。

失言が多いといわれる現在の首相だが、マスコミネタにならないとしても、誰にでも失言ってあると思う。


こんなことを書いている私も、あまり、漢字の読み書きは、得意ではない。

特に小児科・・・。

最近の子供たちの名前は、凝ったものがおおくて、振り仮名がないと名前が読めない。
親御さんたちが、きっと思いをこめてつけた名前。

でも私は読めません〜もうやだ〜(悲しい顔)

書類書くときとか、読む時なんかも、漢字が解らなくて困ること多々あります。最近・・・。

漢字検定うけようかなあ〜。

ぽちっとお願いします〜。
にほんブログ村 健康ブログへ

posted by おたま at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

顧客を持つ

患者さんからの薬剤師の指名ってありませんか?

病院や、忙しい調剤薬局では見られない光景かもしれませんが、年配の患者さんなんかは、名前を覚えていて、次回来局の際に、指名をするって言う方、いらっしゃいます。

患者さんから信頼されて、指名されるというのは、大変ありがたいことだと私は思います。

たまに、忙しかったりして、時間のやりくりに困ることがありますが・・・。

薬のことなどもよく質問して、熱心に話を聞いてくれます。
こちらも、きちんとした答えを用意し、そしてラポール形成をしないといけないと思うので、真摯な態度で受け答えします。

こういった、指名を受けるというのは、ある意味、薬剤師の患者さんとのコミュニケーション能力を客観的にみる指標の一つになるかもしれません。

忙しくて、ゆっくり対応している暇のない薬局もあると思いますが、こういった、患者さんからの声というのは、明日からの自分たちの業務にも生かしていかなければならないな。。と私は思うのです。

調剤薬局の生き残り、地域社会への貢献という意味でも、こういった患者さんからの薬剤師の指名という行為を通して、顧客満足度の向上につなげなくてはならないな。と思う今日この頃・・。

薬剤師は、薬だけをみるのではなく、顧客満足度とか、ホスピタリティを考えないといけない時代になってきているのです。

薬剤師上位の患者さんとの関係は、もう、成り立たなくなってきているのだと思います。

こういったこと、後輩への指導に生かしていってはどうでしょうか・・。

「顧客をつけるくらい、患者さんとの信頼関係を結べることを目標にしなさい」
と。
posted by おたま at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

医者じゃないんだから

薬剤師は、医療人として国民に認知されているものだとずっと思っていた。

疑いもせず・・・。


けれど、私もようやく解ってきている。

医療人なんて、法で認められていても、国民の認識はずいぶん薄いのだということを・・。

業務をしていると
「医者じゃないんだから、いろいろ聞くな」
「医者じゃないから、わからないでしょ?」
「医者に言ってあるから、薬剤師に話をする必要はない」

といった類の言葉に遭遇する。

結局、医師がいなくては、私たちは処方せん薬を勝手に交付することは許されない。
健康相談を受けても、診断をすることはできないし、手当もできない。

結局、モノ=薬を扱うだけの人。

そんなことは、解っていたけれど。。

自分が薬剤師になったころは、
「人の役に立つ仕事」
「私は医療人なんだ」
という気持ちがあった。今思うと、浅はかだったかも。

この辺のとらえ方は、個々違っていていいのだけれど、
やっぱり私は、最近、薬剤師という職種にあまり魅力を感じなくなってしまった。

もちろん、患者さんに良くしたい、という気持ちはある。
それは継続出来ているけれど、それを強く思うと、
自分が空回り・・・。


薬剤師ってこれからどうなるんだろう・・・。
posted by おたま at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

医療人は・・・。

医療人がお金のことを話するのは、なんだかいやしいという感じがしていました。

医療とお金は、高貴なものとそうでないもの・・みたいなイメージでしょうか。
(私の思いこみかもしれませんが)


患者さんに対して、どれだけ尽くすことができるか、どれだけ、有意義な薬の情報を伝えることができるか、どうやって患者さんを薬を通してケアしていこうか・・。というような教育をされてきた。

けれど、社会に出たら違ってた。

この点数を取るには、こういう指導をし、薬歴の作成、日々の業務をこなしていかないといけない。と、点数、報酬ありきの薬剤師の業務という逆の流れが待っていた。

始めは、どうも慣れなくて「医療人なのに、お金のことを口に出すなんて・・」と思っていた。

けれど、最近は、もう大人?になったのか、サービスをした対価として報酬が発生し、売上も利益も伸ばしていかないと、次のサービスが展開できないし、上司からの評価も上がらない・・、という感覚。

もちろん、患者サービスに対して、おろそかにするということではないけれど、理想だけではダメなのね・・、と思うようになった。

アカデミックな分野の勉強もいいけれど、経営の視点も持てないと、これからの自分の発展はないのかも・・・、と思う今日この頃です。




posted by おたま at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

薬剤師という職種

薬剤師という職種。

世間一般からは、
「安定していて、お給料がいい」
「女性でも、いい給料がもらえる」
なんて言われているそう・・・・。

現実、自分が薬剤師という職種について思ったのは、
世間で言うほど、甘い蜜なんてないということ。

もちろん、働くことに甘い蜜なんてないけれど
ものすごい高給取りでもないし、医療関係者の中での存在も薄い、国民の薬剤師の仕事への認識の薄さ、さらに薬科大学の新設、薬学部の新設で今まで社会で活動してきた薬剤師の存在を、もしかしたら、軽んじられる可能性も・・・。

一般の人からみる薬剤師のイメージ、あながちウソではないと思うんです。
だって、そう思うらしいということは、事実として存在しているし・・。

薬剤師という職種の人たちが一般の人に与えてきたイメージや今の薬剤師の地位の低さ?は、薬剤師たちが今まで活動してきた結果。

原因がなければ、結果はない。

これから、薬剤師は、どうやって国民に存在意義をアピールし、自分たちの居場所の確保をしなければならないのか、もっともっと考えなければならないと思う。

私は今、薬剤師という職業に明るい未来を見いだせないでいる。


posted by おたま at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。