2009年01月07日

酵素を取る

朝は、必ずフルーツを摂るように心がけてます。
ジュースにしようかと思ったけど、そんな時間はないので、果物を必ず食べるようにしてます。

基本的に、朝あまり得意じゃないので、サクっと食べられるもので、みずみずしいものを・・。

朝のフルーツは、「金」

フルーツからの酵素も摂れるし、ショ糖もエネルギーになるし。

で、ご飯食べます。
ご飯食べる時間無くても、かならずフルーツは摂るようにしてます。


その習慣と、夜は、夜更かししないでよく寝ることをいるあるせいか、
「肌がキレイ」と言われます。

朝、フルーツを摂る習慣があるからか、お通じもいいです。


夜、フルーツを摂ると、エネルギー過剰で太ってしまうことが考えられるけど、朝、とにかく、朝のフルーツを摂る習慣をもつようになってから、私は、結構調子いいです。

もちろん、これだけではなく、いろいろ気を付けているところは、あるんですけど。。


酵素摂取にもいいですから、皆さんもお勧めですよ〜。


ぽちっとお願いします〜。
励みになります!!

banner2.1.gif

ビジネスブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


ラベル:酵素
posted by おたま at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

先日、WBC世界フライ級で、内藤大助が4度目防衛を果たした。
翌日のテレビには、まだ腫れている瞼でテレビ出演。

「タフだわ・・・。」

昨日試合でボコボコ殴られていたのに、翌日、その顔を見せないということではなく、お礼行脚みたいにテレビ出演。

本人からの試合の反省点、コメントなども放映されていたが、なかなか正直に、話している人だと思った。

そして、ある番組の最後に、彼自身が2008年を振り返って、
今年を表す漢字を書いた。

そこに出てきていたのは、

「気」

という漢字。

それは、彼曰く、

「気持ち、ハートが大事だと思う。気持が萎えるとボクシングも勝てないから・・。」

というようなコメントを付け加えていた。(思い出して書いているので、コメントがこの通りだという確証はなく、こんな感じのことを言っていた。)

なるほどね。そうだよね。と納得。


もちろん、「気」だけですべてが説明できるわけではないけれど、彼は、無意識に心と体の繋がりを自覚しているのだと思った。

「気」というと、あまり科学的に解明されていない部分もあるが、この概念は、私は妙にうなずける要素を持っている。

たぶん、うんちくではなく、心と体が繋がっていて、「気」を無意識のうちに気が付いている人はたくさんいるのだ。


現代人の「気」は、上がりすぎたり、下がりすぎたり、補わないといけなくなったり・・・。
どうも中庸に保つことは、難しい。

心と体は繋がっている。

「気」を侮るなかれ。




ぽちっとお願いします〜。

banner2.1.gif

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

にほんブログ村 健康ブログへ
posted by おたま at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

元気があれば・・。

インフルエンザの流行がテレビ、新聞などで報道されている。

新型のインフルエンザには、現在国民が受けているインフルエンザワクチンの効果はなく、その脅威は、想像するとやっぱり怖い。


こういうとき、すぐに私たちが取れる行動の一つは、やはり「予防」だと思う。
手洗いうがいに始まり、適切な栄養の摂取と休息。そして体だけではなく、心の健康を保つこと。

一見すると、「そんなことか。」
と気にも留めないことかもしれない。

それは、予防という概念が日本の土壌には、ない考え方だったこともあるし、予防自体が、効果を認識し難いということがあると思う。


地道で結果がみえにくい予防。

薬を飲むと症状が軽快するという効果、=結果が身を持って実感できる。
けれど予防は、例えばインフルエンザだと、流行が終って、はじめてインフルエンザにかからなかった、という結果を得る。このように、予防は、基礎練習みたいに地道だ。


私は、自分が話をさせていただいた患者さんには、必ず地道で、ある意味効果が見えにくい予防を
「呼吸をするように、毎日すべきこと」
だと伝えることを心がけている。

風邪のシーズンには、必ず、地味だけど、手洗いうがいをするように与薬する際には、必ず一言付け加える。

決まりきった、ある意味空気のような挨拶の
「お大事にどうぞ〜」
よりも、よっぽど患者本位の医療の実践になっているのではないかと思うからだ。

予防をすれば、医療費の節約になる。
医療費とともに節約できる時間。
そして節約して出来た時間を有意義に使ってほしいと思うのが私の持論。

もちろん病院や薬局にくる患者さんは、どこか調子が良くなくて、医療サービスを受けにくるのだけれど、病気になってしまった、調子が悪くて病院に来なければならなくなった、という人達だからこそ、健康のありがたみが解るはず。

そのありがたみを感じた患者さんへ、改めて、予防の大切さを付け加える。余計なことかもしれないが、一人ひとりの健康に対する意識の高さが、よりよい社会を築く要因のひとつだと思っている。

アントニオ猪木がいつも言っている
「元気があれば、なんでもできる!!」
は、ウソではないと思っている。

むしろ、おたま的には、名言だと思っている。

うーん、深い!!
そして、さらりというアントニオ猪木は、スバラシイ!!






ぽちっとお願いします〜。

banner2.1.gif

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

にほんブログ村 健康ブログへ
posted by おたま at 15:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

ウォーキングの効果

ウォーキングは、足やせ、筋力トレーニングのほかに、私には目的があってはじめた。

このウォーキングの効果は、着々と出ていると、自分でも思う。
足やせ、筋トレだけじゃない!!

ズバリ、脳トレ!

頭で考え事をして、考えが行き詰ったときとか、なかなかいい考えが浮かばないとき。
そんなときは、歩くに限ります。

今年の夏終りくらいから歩き始めて、もう半年くらいになる。
ただし、休みの日の朝くらいしかできないので、週に2回くらいのスローペースだけど・・・。

始めは、足やせを目的にしていたのだけれど、なんだか、歩くと頭の中がすっきりしてくるので、歩くのを習慣にすることに・・。

今、通販で万歩計を注文しているところなので、歩数と距離を今後はチェックしながらやっていく予定。

頭ばっかり使うと、やっぱり気が上がってしまうので下げることを考えると体を使うというのは、やっぱり、理にかなっているのかもと思う。

脳をいい状態にする、βエンドルフィンもウォーキングで分泌量増えるっていうし。

今後も続けます。

何か気付きがあったら、ブログにアップします。

ぽちっとお願いします〜。

banner2.1.gif

にほんブログ村 健康ブログへ
ラベル:ウォーキング
posted by おたま at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

健康に対する考え

健康という概念に対する考え方が、ここ数年で変わってきた。

死生観が変わったからだろうか。

人間は、生まれて、そして死ぬという普遍的なことが日常の至ることろで見られるのだな、と実感したから。

肉親を亡くした経験、親しい人を亡くした経験、それが今の私の健康、死生観のもとになっているかもしれない。


肉親が病気になったとき、医療人だと思っていた自分は、何もしてやれなかったという苦い思い出がある。
「薬剤師です。」という肩書を持っていていも、結局、自分は医師ではないし、何も分からず、とにかく何もしてやれなかった、という記憶が
今も残っている。

肉親を亡くした記憶から、私は、
「薬剤師なんて、何もできない」
とまで思った。

けれども、今は、この肩書、この知識を利用して、少しでも多くの人に、少しでも役に立つことを還元したいと思っている。

今の私の思いが、いつか形になればいいなと思う。

posted by おたま at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。